オッズと回収率とレースクラスの関係を調査【3連単】

3連単は馬券の中で的中させることが最も難しいですが、的中した場合はかなりの高額配当が見込めます。ここでは3連単のオッズと回収率とレースクラスとの関係を過去3年間のデータで調査したので、馬券購入の際に参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

3連単オッズと回収率

3連単の場合期待値はおよそ75%なので、75%を超えているオッズ帯が回収率が高いオッズ帯になります。ここでは回収率が高い4種類のオッズ帯に注目してみたいと思います。

  1. 1.0倍~20倍
  2. 300倍~500倍
  3. 1500倍~2000倍
  4. 3000倍~4000倍

これらのオッズ帯とレースクラスの関係からさらに回収率の高いレースを絞っていきたいと思います。レースクラスは、「新馬」「未勝利」「500万」「1000万」「1600万」「OP特別」「G3」「G2」「G1」の9種類で比較していきます。

オッズ1.0倍~20倍

まずオッズ1.0倍~20倍についてですが、「新馬」「G3」「G2」において回収率が100%を超えています。なお、G1に関しては該当データがなかったため回収率0%となっています

オッズ300倍~500倍

次にオッズ300倍~500倍についてです。「G2」「G1」クラスに関してはほぼ回収率100%となっています。

オッズ1500倍~2000倍

次にオッズ1500倍~2000倍についてです。「G3」「G2」「G1」であれば回収率100%を超えています。重賞であれば15万~20万馬券を狙いにいっても良いかもしれません。


オッズ3000倍~4000倍

最後にオッズ3000倍~4000倍についてです。このオッズ帯が高配当を狙える最後の領域になります。「G3」および「G2」クラスにおいては回収率140%近いを数字を記録しています。

まとめ

最終的にレースクラスとおすすめオッズ帯をまとめると下記のようになります。

この表を参考に高配当の3連単馬券を狙ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする