エクセルでQRコードを簡単に一括作成する方法【ダウンロード利用可能】

QRコードをクリック1つで一括作成するエクセルVBAを作成しました。QRコードを連続で生成してくれるので、とても便利だと思います。エクセルファイルをダウンロードできるようにしておきましたので、よろしければご利用頂ければと思います。

スポンサーリンク

概要

通常エクセルの機能を使ってQRコードを作成する場合は、AccessだったりMicrosoft barcode controlというものが必要になってきます。今回はこの機能を使用せずにGoogle Chart APIをします。これは簡単に言えばオンライン上でQRコードを生成してくれるものと考えれば良いです。

なので、今回QRコードを生成するファイルを利用する場合は、インターネットに接続されている必要があります。

繰り返しになりますが、AccessMicrosoft barcode controlは不要です。

使い方

まずは以下のエクセルファイルをダウンロードします。

QRコード生成

マクロを使用しますので、ZIPファイルを解凍し、ファイルを開いたら「コンテンツの有効化」をクリックして下さい。

ファイルを開くと以下のような画面になります。

1.C列のURLリンク先にQRコードしたい文字列を入力します。

ファイルでは10までしかナンバリングしていませんが、それ以上入力しても対応できるようにしています。例としてファイルにはyahooとgoogleのリンク先を入力しています。

2.水色の「変換スタート」の四角をクリックします。(マクロがスタートします。)

すると以下のようにQRコードが生成されます。

QRコード生成VBAソースコード

ちなみに今回使用したソースコードは以下の通りです。ファイルをダウンロードして使用しない方は参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする