しろまるライフへようこそ!生活に役立つ情報を提供していきます!

【ぷよぷよ】GTRの組み方のコツと発火点/連鎖尾の伸ばし方を解説!!

ぷよぷよで5~6連鎖くらいできるようになると今度は折り返しの壁にぶつかると思います。そこで、登場するのがGTRという組み方です。GTRの組み方を覚えるとぷよぷよの世界が広がりますので、ぜひ覚えるようにしましょう。

初心者の私ですが、動画サイト等を見ながら理論を理解したので、初心者の方にもできるだけ分かりやすく解説したいと思います。解説がイマイチなところもあるかもしれませんが、何卒宜しくお願い致します。

同じ初心者として一緒に頑張りましょう!!(笑)

【ぷよぷよeスポーツ】全24キャラの強さランキングを紹介!!

スポンサーリンク

GTRとは

ぷよぷよでGTRと言えば下の画像のような形の組み合わせのことを言います。

折り返しの連鎖を作るうえで非常に重要な形です。なぜこの形が良いのかというと、GTRであれば折り返し部分が非常に構成しやすいからです。

これはぷよぷよの上級者たちによって考えられた形なので、この形を使って連鎖を組んでいくのが良いでしょう。

オセロや将棋でいうところの定石と似ていますね。我流で連鎖を組んでもある程度は上達すると思いますが、いずれは壁にぶち当たることになると思います。なので、この機会にこのGTRを覚えて技術向上を目指しましょう。

新GTRについて

GTRがある一方で新GTRという言葉もあります。それがこの形です。

GTRを少し引き伸ばしたような形です。これも黄ぷよの上に連鎖を組んで行けば良いので、使いやすい形になります。

GTRの土台を覚えよう

まずGTRの形を知ってもらったところで、次はGTRを使った土台を覚えていくことになります。GTR単体では2連鎖にしかなりませんが、後続のぷよの組み合わせで連鎖を大きくすることができます。

代表的なGTRの土台は以下の通りになります。

種類がいっぱいあって大変ですね。初心者にとってはこの形を覚えるところからスタートとなります。GTRの黄ぷよと赤ぷよは共通で、さらに3連鎖目の緑ぷよの一部も共通しています。(左から3列目の1段目,3段目の緑ぷよ)

まずはゆっくりでも良いので、これらの組み合わせを作れるようになりましょう。

初手ごとのGTRの作り方

具体的にGTRの土台を作ると言ってもどのように作っていけば良いのでしょうか?ぷよの組み合わせもいろいろあるし、ランダムに降ってくるため1回1回考えてぷよを置いて行くのは大変です。

そこで初めのぷよ(2手目まで)の組み合わせによって、位置を固定するのが初心者としては分かりやすいと思います。以下に4例示しますので、これも覚えるようにしましょう。

①パターン(AB AB)or(AA BB)

まずこのパターンです。2種類のぷよが2個ずつ降ってくる場合は、横2列に左側に並べましょう。

②パターン(AB AC)

このパターンは以下のように配置します。

③パターン(AA BC)

このパターンは横一列に配置します

④パターン(AA AB)

最後にこのパターンです。GTRを組むならば以下のような形が良いでしょう。

しかし、この形だと実際にやってみれば分かりますが、2個くっついている赤ぷよの上のGTR部分を作るのが難しくなります。運よく〇〇のように同じぷよが来れば良いですが、来ない場合はやはり使い勝手が悪くなります。GTRが難しい方は以下の形でもいいのではないかと思います。

この形は新GTRの一部です。今回のようなケースの場合は新GTRを目標にぷよを組んでいくのが得策ではないかと考えています。新GTRの土台としては例えば以下のように組むこともできます。

※ちなみにAB CDのようにいきなり4色違う色が降ってくることはないそうです。

応用編

少し応用ですが、GTRを少し変形させたとしても、機能的にはほぼ変わらない形があるので参考までに記載しておきます。余裕があれば覚えておいてもよいかもしれません。

GTRを少し変形させる

GTRの赤ぷよ部分をさらに横に1つ広げた形です。こういった形でもGTRの機能としては問題ないです。

GTRの次の連鎖を挟み込ませない

序盤に説明したGTRの土台で、緑ぷよの形と比較してほしいのですが、基本形としては赤ぷよを緑ぷよで挟んでいました。(左から3列目)しかし、そのような形をとらなくても問題ない形も以下のようにあります。

発火点の伸ばし方

発火点の伸ばし方に決まった形はないので、比較的伸ばしやすいのではないかと思います。

以下に3つほど例をしめします。

左の図のようにGTRの上の部分に横3つぷよを並べると連鎖が組みやすいのではないかと思います。(最後の黄ぷよを忘れないようにしましょう)

真ん中の図は2列で高くして連鎖を組んでいくパターンです。

右の図はカギ積みで右へ右へ展開していくパターンです。

連鎖尾の伸ばし方

さて連鎖尾の伸ばし方ですが、これは私も難しいものだと思っていました。しかし、あるルールを使えば数連鎖くらいは簡単に伸ばせることがわかりました。そのコツは下のように逆L字のように組んでいく方法です。

このように右側で逆L字のように組んでいくと同時消しにならず、うまく連鎖尾を伸ばしていくことができます。こんな万能な形があるなんて驚きですね。

おわりに

いかがでしょうか?以下の画像は13連鎖の画像です。今まで連鎖の形が見えなかったのに、分かるようになってきていれば初心者卒業(?)かもしれません。

上級者を見るとすごい速さでぷよを組んでいますが、あれは長い間しっかり練習した成果だと思っています。

やはりはじめはGTRの形を覚えて、とことんぷよぷよやCPU相手にゆっくりでもいいので練習していくことが大事だと思います。

以上になります。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!