しろまるライフへようこそ!生活に役立つ情報を提供していきます!

【Sleep Meister】睡眠周期検知アプリで目覚めが快適に!!

自分の睡眠の質をスマホでチェックできたらいいなと思い探してみたら「Sleep Meister」というアプリがありましたのでご紹介します!

このアプリのすごいところは睡眠の質をチェックするだけでなく、最も眠りが浅い時にアラームを鳴らしてくれるという優れもの。睡眠周期を検知して快適に目覚められる無料アプリなのでぜひおすすめです!!

スポンサーリンク

アプリのインストール

まずはアプリをインストールしましょう!

App Store で「Sleep Meister」と検索しましょう。「睡眠」というキーワードでも見つかると思います。

アプリを見つけたらダウンロードボタンを押しダウンロードされるまで待ちます。

使い方

ダウンロードが完了したら、次は使い方の説明をします。

準備

アプリを開くと下記のような画面になり、データのアクセスを求められます。睡眠分析のバーを右にずらし、許可のボタンを押しましょう。

許可を押すとアプリの使い方のスライドが表示されるので、一通り読んでおきましょう。内容は以下の通りです。

STEP1

設定にて、アラーム音、スヌーズ等、お好みに応じて設定して下さい。

STEP2

アラーム時刻を設定し、STARTボタンを押すと睡眠サイクルの計測が始まります。

アラームは設定した時刻直前の30分の間で、最も目覚めが良い時間にアラームが鳴ります。

この例で言うと、アラームは7:30~8:00の間に鳴ります。

STEP3

計測が始まったら端末のスリープボタンかホームボタンを押して、アプリを閉じて下さい。

STEP4

アプリを閉じたら、下記画像を参考に、端末を寝具へセットして下さい。端末の向きはどちらでも構いません。

STEP5

設定時刻に従い、最も眠りの浅いタイミングでアラームが鳴ります。

STEP6

起床後はスライダーを右へスライドさせて計測を停止して下さい。

その他設定

その他の設定は右下の「設定」ボタンから設定することができます。センサー感度は9段階あるので、毎日の測定結果を確認しながら調整していくのが良さそうです。

測定結果

朝起床した時はこのような画面を見ることができます。

グラフを見ると眠りが浅い時と深い時の時間帯が分かりますね。就寝から4時間以内に深い眠りが2回あると質の高い睡眠が取れているらしいです。

ちなみのバッテリーの消費量は私のiphone7で100%⇒75%となっており、消費量としては約25%くらいになります。

就床時刻

ベッドへ入った時刻(計測を開始した時刻)

入眠時刻

眠りに落ちた時刻

鳴動時刻

最初のアラームが鳴った時刻

起床時刻

眠りから覚めた時刻(計測を停止した時刻)

就床時間

ベッドに入っていた時間

睡眠時間

眠りに落ちていた時間

覚醒時間

眠りから覚めていた時間

入眠潜時

ベッドへ入ってから眠りに落ちるまでの時間

中途覚醒

アラームによる起床を除く、睡眠途中での目覚め

スヌーズ

二度寝防止機能

睡眠効率

睡眠時間÷起床時間×100(%)

また下メニューの「統計」ボタンから、日々の集計データを見ることもできます。

まとめ

睡眠周期を検知して快適に目覚められるアプリ「Sleep Meister」の紹介でした。無料なのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

睡眠に良い習慣悪い習慣はこちらの記事にまとめてみましたので、よろしければご確認頂ければと思います。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!