300点パーフェクトゲームの難易度と技術

ボウリングを始めたころは300点なんて夢のような話ですが、マイボールを買って本格的にボウリングを始めてみると、隣のレーンのマイボウラーが300点を出したり、知り合いになったボウリング仲間が実は300点を達成したことがあるなど、意外と珍しいことではないことに気づきます。

ここでは300点を出すために必要な技術について説明したいと思います。

スポンサーリンク

パーフェクトゲームの難しさ

パーフェクトゲームはすべてのフレームがストライクでスコアは300点になります。最初のフレームから12回連続ストライクを取る必要があります。アベレージが200の方はおおよそストライク率50%ですが、単純にストライク率が50%としても達成確率は0.02%となり非常に難しいことが想像できます。

また、ストライクを重ねるにつれてプレッシャーも感じますし、周りのボウラーの期待や視線さえもプレッシャーとなります。

300点を達成に必要なこと

パーフェクトゲームは確かに難しいですが、一方で達成している方がいるのも事実です。ボウリングセンターに通っている方は、上手いマイボウラーの方にこっそりハイスコアを聞いてみましょう。300点と答える人も珍しくはありません。

それでは300点を達成するためには何が必要でしょうか?

1.高い技術力

当然高い技術力が求められます。運よく達成するにしても50Gアベレージ190以上は欲しいところですね。アベレージだけでなく複数のストライクラインを使い分ける技術も必要です。1ゲーム内でもレーンオイル状態は刻々と変化していきますので、微調整していく力が必要になってきます。

またピンアクションを見て、厚めのストライクか薄めのストライクかを判断して、今後の投球をどのように修正していくかも重要です。

2.レーンコンディション

レーンにはスコアが出やすいレーンとスコアが出にくいレーンが存在します。

例えば左の図のように内側のオイルは多く、外側になるにつれていい感じにオイルが少なくなっているレーンは高スコアが見込めます。このようなレーンで内側へ投球ミスがあったとしても、あまり曲がらずポケットへ行ってくれますし、逆に外側への投球ミスがあったとしてもオイルが薄いためボールが戻ってきてポケットに行ってくれます。

一方、右の図のようにオイル分布が荒れているレーンでは、ストライクコースがあまりないため高スコアが望めません。

何回もボウリング場に足を運んでいると、何を投げてもストライクになるようなレーンに巡り合うことができます。そのときは自分が何倍にも上手なボウラーになれたと錯覚するほどです。いいレーンに巡りあえるかは運次第ですが、300点を出すためにはある程度良いオイルコンディションは必要と考えられます。

レーンコンディションに関する記事はこちら

3.ゲーム数

やはり数多くのゲーム数をこなしていく必要があります。多くのゲーム数をこなしているうちにレーンコンディションが良いレーンに巡りあうこともありますし、ハイスコアを徐々に更新することでプレッシャーにも強くなっていきます。

300点を達成した多くの方は279点や289点、299点など、あと1回ストライクで300点という状況に何度も遭遇していることが多いです。

ちなみに私が実施したシミュレーションでは300点は279点よりも約3倍ほど難しいです。

ボウリングスコアシミュレーション

まとめ

パーフェクトゲームを達成するチャンスはある日突然やってきます。パーフェクトゲームだけでなくハイスコア更新のチャンスも同じです。その時に備えていつでも平常心で投球できるように心がけておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする