【東京2018年度版】 小学校入学前の児童数からみる真の待機児童ランキング

保育所に入れない待機児童の問題の話になると、よく「待機児童数」が引き合いに出される。しかし、待機児童数が0であっても、実際のところ仕方なく専業主婦を選択した家庭もいれば、認可保育所に入れなかったケースの家庭もみられる。こういったケースは待機児童数にカウントされない。真の待機児童ランキングを算出するためには、就学前児童数(小学校入学前の児童数)に対する認可保育所の利用児童数の割合が重要と考える。

ここでは東京都福祉保健局少子社会対策部保育支援課のデータをもとに様々な観点から、東京23区および東京26市のデータを整理したので参考にして頂ければと思う

スポンサーリンク

東京23区

まず東京23区のデータを公開する。項目の説明は以下の通り。

就学前児童人口

小学校に入学する前の児童数

利用児童数

保育所または学童保育施設を利用している児童数

就学前児童人口比率

就学前児童人口のうち保育所を利用している児童の割合。数字が高いほど良く、真の待機児童割合が低いと言える。

東京23区では、就学前児童人口比率が低い順(悪い)に並べると

1位 江戸川区(33.8%)

2位 世田谷区(37.2%)

3位 目黒区(37.3%)

最も江戸川区が待機児童割合が多いと言えそうだ。

就学前児童人口比率前年度比較

就学前児童人口の前年比較。数字が高いほど保育所への入りやすさが前年より改善していると言える。数値がプラスであればひとまず改善はしている。

保育所への入りやすさが改善していない上位3つは下記の通り

1位 中央区(0.3%)

2位 港区(0.8%)

3位 江戸川区(1.1%)

待機児童数

子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童

待機児童数が多い上位3地区は

1位 世田谷区(861人)

2位 目黒区(617人)

3位 大田区(572人)

待機児童数/利用児童数

保育所定員の余剰割合の目安となる指標。数字が高いほど競争率が高いと言える。

定員オーバーしている割合が多い上位3地区は

1位 目黒区(12.7%)

2位 中央区(7.5%)

3位 台東区(7.2%)

その他詳細な順位等は下記ランキングを並び替えてご確認下さい。

項目を選択すれば、その項目に従ったランキングに並び替えることができます。

地域就学前
児童人口
利用児童数就学前
児童人口
比率
就学前
児童人口比率
前年度比較
待機児童数待機児童数/利用児童数
千代田区3364151345.0%3.9%00.0%
中央区9674434444.9%0.3%3247.5%
港区15208673744.3%0.8%1642.4%
新宿区12550614749.0%1.9%270.4%
文京区11219437939.0%1.7%1022.3%
台東区7552314941.7%2.3%2277.2%
墨田区11953594449.7%2.1%1482.5%
江東区269871275847.3%2.7%3222.5%
品川区19674951648.4%2.3%2192.3%
目黒区12963484037.3%2.3%61712.7%
大田区324411338841.3%1.8%5724.3%
世田谷区443141650337.2%2.8%8615.2%
渋谷区10347440242.5%2.5%2666.0%
中野区13006552642.5%1.3%3756.8%
杉並区248181079343.5%4.5%290.3%
豊島区10595535050.5%4.0%00.0%
北区14846743050.0%3.3%821.1%
荒川区10005527352.7%2.3%1813.4%
板橋区255151223347.9%3.0%2311.9%
練馬区348711464342.0%3.4%480.3%
足立区310541271240.9%1.9%3742.9%
葛飾区210371058550.3%3.4%760.7%
江戸川区348651180033.8%1.1%4203.6%

東京26市

次に東京26市のデータを公開する。

就学前児童人口

小学校に入学する前の児童数

利用児童数

保育所または学童保育施設を利用している児童数

就学前児童人口比率

就学前児童人口のうち保育所を利用している児童の割合。数字が高いほど良く、真の待機児童割合が低いと言える。

東京26市では、就学前児童人口比率が低い順(悪い)に並べると

1位 三鷹市(37.6%)

2位 武蔵野市(38.5%)

3位 小平市(38.7%)

就学前児童人口比率前年度比較

就学前児童人口の前年比較。数字が高いほど保育所への入りやすさが前年より改善していると言える。数値がプラスであればひとまず改善はしている。

保育所への入りやすさが改善していない上位3つは下記の通り

1位 三鷹市(-0.3%)

2位 稲城市(0.2%)

3位 日野市(1.0%)

待機児童数

子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童

待機児童数が多い上位3地区は

1位 府中市(383人)

2位 調布市(312人)

3位 三鷹市(270人)

待機児童数/利用児童数

保育所定員の余剰割合の目安となる指標。数字が高いほど競争率が高いと言える。

定員オーバーしている割合が多い上位3地区は

1位 三鷹市(7.5%)

2位 府中市(6.9%)

3位 国立市(6.9%)

その他詳細な順位等は下記ランキングを並び替えてご確認下さい。

項目を選択すれば、その項目に従ったランキングに並び替えることができます。

地域就学前
児童人口
利用児童数就学前
児童人口
比率
就学前
児童人口比率
前年度比較
待機児童数待機児童数/利用児童数
立川市8741388844.5%1.9%1453.7%
武蔵野市7230278138.5%2.1%1204.3%
三鷹市9607361637.6%-0.3%2707.5%
青梅市5382317359.0%2.0%120.4%
府中市13907553639.8%1.4%3836.9%
昭島市5508280050.8%2.3%170.6%
調布市11931498141.7%1.7%3126.3%
町田市19223753639.2%2.2%2293.0%
小金井市6042242240.1%2.3%1566.4%
小平市9964385638.7%3.5%892.3%
日野市9342388641.6%1.0%2526.5%
東村山市6676269740.4%3.0%642.4%
国分寺市5851257244.0%2.2%923.6%
国立市3371147243.7%1.5%1016.9%
福生市2321140060.3%2.6%00.0%
狛江市4056168441.5%3.8%985.8%
東大和市4429213448.2%3.0%30.1%
清瀬市3396138340.7%1.5%332.4%
東久留米市5486222640.6%2.4%673.0%
武蔵村山市3468191355.2%2.6%120.6%
多摩市6577303846.2%2.5%832.7%
稲城市5068209541.3%0.2%974.6%
羽村市2563140054.6%2.5%00.0%
あきる野市3705183649.6%1.5%120.7%
西東京市9498368138.8%2.7%1464.0%

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする